ライチョウ TVボード

 箱物産地「大川」で屈指の技術を用いて生産された『RAICHO/ライチョウ』

エッジ部分には「留め」という組み方と、「ブック貼り」と呼ばれる技術を併せています。

本体の角にご注目。

木目が本を開いたように左右対称につながっており、この美しい仕上がりは、いつまで眺めていても飽きません。

 

前板には突板ガラスを採用。節有突板が木目を通し無垢以上の存在感を出しています。

ウォルナットの木目は高級感と重厚感があり、オークは節部分とのコントラストが大きいため、より木質感が高まります。

この突板ガラスは扉を閉じたままリモコン操作が可能。使い勝手の良さも持ち合わせています。

サイズは幅1600・1800・2000の3タイプから。

様々な意匠をほどこしているため機械が使えないところもあり、人の手を多く要して作り上げたTVボード。息を呑むほど美しい仕上がりに、匠の技術を存分に感じていただけると思います。

 

 

〈160〉幅1600×奥行400×高さ350  ¥105,000+税

〈180〉幅1800×奥行400×高さ350  ¥115,000+税

〈200〉幅2000×奥行400×高さ350  ¥127,000+税